vape

電子タバコ・ベイプリキッドおすすめランキングTOP5!リキッドの選び方や価格は?

たばこ税の増税、東京オリンピックに向けた受動喫煙防止条例などで愛煙家の方の居心地は悪くなるばかり…。
 
IQOSなどの加熱式タバコも増税対象となる中、ここにきて着々と人気が出てきているのが通称「VAPE(ベイプ)」と呼ばれる電子タバコ。
 
電子タバコ(VAPE)は、紙巻きタバコや加熱式タバコとは異なりタバコ葉を使用しておらず
新たな嗜好品として人気が高まっています。
 
今回はそんな電子タバコ(VAPE)を楽しむためにマストで押さえておきたい「リキッド」をご紹介します。
 

1.電子タバコ(VAPE、ベイプ)とは?

「そもそも電子タバコ(VAPE)って何?」
 
そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
電子タバコ(VAPE)とは、
「液体(リキッド)を電気熱を使って気化させ、その蒸気の味や香りを吸って楽しむ器具」
のことを言います。
 
通称「VAPE(ベイプ)」と呼ばれており、元々は海外で人気が出たものでしたが、
日本でも若者を中心に人気が高まってきています。
 
電子”タバコ”とは名ばかりで、タバコ葉を使用していないので、
タバコ葉を燃焼することで発生する有害物質タールを一切含みません。
 
またニコチンに関しても、日本でニコチン入りのリキッドを販売・譲渡することが禁止されているため、
安心して楽しむことができます。
※ニコチン入りのリキッドを入手するには、海外の製品を個人輸入する必要があります。
 
またIQOSやグローなども電子タバコと呼ばれることがありますが、
IQOSやグローはタバコ葉を含んだヒートスティックを燃焼し、
それによって発生する煙を楽しむもので、
それらは加熱式タバコとして区別されています。
 

2.リキッドって何?電子タバコのリキッドを理解する3つのポイント

 

リキッドってずばり何のこと?

 
リキッドとは、ずばり電子タバコ(VAPE)本体の中に注入する液体のこと
個性豊かな味や香りが付いているのが特徴で、電子タバコのなかにリキッドを入れて、タバコを吸っているような満足感を楽しむものです。
 
少しだけ専門的な話になりますが、リキッドに含まれる成分は、
PGと呼ばれる「プロピレン・グリコール」、VGと呼ばれる「植物性グリセリン」、香料と、主にこの3つで成り立っています。
 
なにやら難しい用語がでてきたぞ…!?と思うかもしれませんが、リキッド選びの上で「PG」「VG」「香料」はよくでてくるので、そういうものがあるんだ、ということだけでも覚えていってくださいね。
 

「PG」

PGは数多くの種類の化粧品や食品に使用されており、
現代の日本でPGのない生活はできないだろうと言われるほど、身近な存在の化学物質であると言えます。
リキッドでの役割は、これが多いほど味の乗りが良くなり、キレが増します。
 

「VG」

VGは植物由来のアルコールの一種で、ヤシの実などの植物油を原料に作られます。
食品添加物としても用いられているほか、目薬などの医療用にも用いられており、
人体に害はないと言われています。
リキッドでの役割は、味に甘味が加わり、煙の量が多くなります。
 

「香料」

香料は言わずと知れた成分で、リキッドの味を決定します。
食べ物にも多く使用されており、安全性は高いと言えます。
 
PGとVGの割合で味や煙量に変化がつけられますので、
お好みの割合を見つけていくのも重要なポイントとなってきます。
 
とはいえ、電子タバコ初心者がPGやVGの内容を理解してリキッドを選ぶ、というのは考えにくいもの。
本ページでは初心者におすすめのリキッドを紹介しているので、安心してくださいね。
 

リキッドの安全性は大丈夫?

 
先ほども述べたとおり、リキッドに含まれる成分は安全性が高いと言われていますが、
完全に安全かと言われると、正直なところそうとは言い切れません。
よく理解せずに安物に手を出したり、安全性に気を遣っていないブランドの製品を手にするのは、おすすめできません。
 
PGに関しては、旧厚生労働省により表示指定物質に指定されており、
PGが含まれているものはその旨を記載する必要がありました。
 
しかし、一般的には毒性が低いと言われており、かつ薄めて使用するため安全と言われています。
 
VGに関しては、VG自体は安全であると言われていますが、
沸点まで達するとアクロレインという物質に変化します。
アクロレインは強い毒性があり、法律で劇物に指定されています。
 
しかし、現在まで電子タバコに使用されたVGがアクロレインに生成された事例はありません。
 
 
電子タバコ(VAPE)の安全性については現在進行形で研究が進められていますが、
第三者機関により安全性を立証した商品や、PG不使用のものを取り扱う店舗など、
安全への意識は人気の高まりとともに重要視されています。
 
第三者機関により安全性を立証した商品や、PG不使用のものは商品ページにその内容が記載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。
 
またタールは構造上発生しないのですが、中にはニコチンが入っているリキッドもあります。
 
ニコチンのないものを楽しみたい!という方は是非国産のものを購入してください。

日本ではニコチンが含まれているリキッドを販売・譲渡することが禁止されているので、
国産のものにはニコチンが一切含まれていません。
 
ニコチンも楽しみたい!という方は、個人輸入する必要があります。

https://e-ni-co.com/

こちらのサイトなどで簡単に個人輸入を行うことができますので、是非試してみてください!
 

3.リキッドを選ぶときのポイントは?

 
リキッドを選ぶときのポイントとして以下の3つに着目してみてください。
 


内容量
安全性の証明の有無

 
味は豊富で、メンソール系やフルーツ系、ドリンク系やタバコ味系などたくさんの種類があります。
個人差があるので、いくつか試して自分のお気に入りを見つけ出しましょう。
 
内容量は10mlから30ml、多いもので60mlなどがあります。
 
こちらも吸う量によって消費量には個人差がありますが、
一見安くても内容量が少ないことがあるので気をつけましょう。
 
商品によっては商品ページに第三者機関による安全性が証明されたという記載と証明書の掲載がある場合があります。
安全第一!という方はその有無も確認しましょう。
 
では筆者が選ぶオススメのリキッドランキングTOP5をご紹介します!
 

4.迷った時にオススメ!リキッドランキングTOP5

 

【1位】BASIC VAPOR(ベーシックベイパー) 「レモンサングリア」

 

内容量/価格:60ml/2,920円

 
ハイクオリティーなBASIC VAPORシリーズから新登場したレモンサングリア。
 
レモンとコーラの爽やかな味わいがとにかく美味しい!
思わずクセになってしまいます。
清涼感が強いので特に夏にオススメしたいリキッドです。
 
また、コスパが良いのも嬉しいです。
 
詳細ページ
 

【2位】Koi-Koi 「Rainy Draw-雨流れ-」

 

内容量/価格:20ml/1,380円、60ml/3,580円

 
濃厚バニラとドラゴンフルーツという一見不思議な組み合わせですが、
バニラの甘さの中にドラゴンフルーツの酸味が加わることで、
絶妙なバランスを生み出しています。
 
甘い系のリキッドが溢れている中で、このリキッドは特別な存在感を放っています!
 
上質な甘さのVAPE体験をしたい方にオススメです。
 
そしてパッケージに花札をイメージしたイラストが使用されているのもグッド!
 
詳細ページ
 

【3位】KAMIKAZE 「E-JUICE スーパーハードメンソール」

 

内容量/価格:15ml/1,080円

 
国産リキッドの中でも屈指の人気を誇るKAMIKAZE(カミカゼ)。
 
その中でもガツンと強烈なメンソールを再現したこの商品は、
メンソール好きなら嫌いな人はいないのではないかと思うくらいです。
 
吸い心地も抜群。
刺激的なVAPE体験をしたい方にオススメです。
 
詳細ページ
 

【4位】Rocket Fuel Vapes(ロケットフューエル) 「Reaper Blend(リーパー ブレンド)」

 

内容量/価格:10ml/980円

 
Spinfuelという電子タバコ(VAPE)の有名なサイトで2014年度グランプリを受賞したメーカーによるリキッド。
 
バランスの良さはもちろん、愛煙家も唸るタバコ味の再現度!
 
6種類のタバコの葉のフレーバーをブレンドした、重厚かつ上品な味わいで
従来のタバコ味のリキッドとは頭一つ抜けた存在です。
 
ニコチンも入っていないので、禁煙にも最適!
 
詳細ページ
 

【5位】VP Japan 「j-LIQUID 口臭ケアシリーズ メガミントメンソール」

 

内容量/価格:20ml/1,490円

 
日本初の電子タバコ(VAPE)ブランドVP Japanによるリキッド。
 
食品衛生製法上認められた添加物のみ使用されており、第三者機関による検査も受けており、
PGも不使用のフレーバーなので、安全性を気にする方にも安心の商品です。
 
かなり強烈なスッキリ感を味わうこともでき、
さらに口臭ケアにも適した商品となっています。
 
煙を楽しむだけでなく、エチケットもできてしまう優れもの!
 
詳細ページ
 

5.変わった味も試したい!?こんな味もあるんだランキングTOP5

 
電子タバコ(VAPE)のリキッドには様々な種類のリキッドがありますが、
こんな味もあるんだ!と思ってしまうような隠れた名(迷)作もあるんです。
 
今回はそんな変わりダネリキッドの中から筆者が選ぶTOP5をご紹介します!
 
いつもリピートしているリキッドとプラスアルファで試してみてください!
 

【1位】なにわでんねん 「まんまや! パイン飴」

 

内容量/価格:30ml/1,667円

 
これはまさにパイン飴の味です!
筆者が個人的にパイン飴が小さい頃から大好きなのでこれを1位にしました。
 
小さい頃、パイン飴の食べ過ぎで口の中を切ったものでしたが、
電子タバコ(VAPE)ならそんな心配もなし!(笑)
 
詳細ページ
 

【2位】KAMIKAZE(カミカゼ)  「R-BULL」

 

内容量/価格:15ml/1,080円

 
あの「翼をさずける」で有名なエナジードリンクの味を完全に再現したリキッドです。
 
若干後味が薄い気もしますが、気にならないほどの再現度です!
 
VAPEで一息つきながら翼をさずかりたい方にはもってこい!
 
詳細ページ
 

【3位】小江戸工房 「Coe de Sex on the Beach」

 

内容量/価格:30ml/1,080円

 
常夏の南国のビーチをイメージしたウォッカベースのフルーツが香るカクテル、
セックスオンザビーチを見事に再現したリキッドです。
 
味も酸味と甘さが絶妙なバランスで、美味しいです。
 
クランベリージュースにピーチとパイナップルがブレンドされているので、
まるで南国にいるかのようなVAPE体験が楽しめます。
 
詳細ページ
 

【4位】THE VAPOR HUT(ベイパーハット) 「Wookey Cookie(ウーキークッキー)」

 

内容量/価格:10ml/880円

 
まさかのクッキー味。
 
そして香ばしさと小麦感まで再現されている驚きのリキッドです。
 
そして味も美味しいので、気づいたら10mlなくなってしまいます。
 
騙されたと思って試してみてください!
 
詳細ページ
 

【5位】VP Japan 「j-LIQUID はちみつのど飴」

 

内容量/価格:10ml/1,080円

 
のど飴を再現するという発想が面白いリキッド。
 
はちみつの味もありつつ、のど飴の味が見事に再現されています。
 
甘いのにスッキリしているので、長く楽しめます!
 
詳細ページ
 

6.電子タバコ(VAPE)を楽しもう

 
電子タバコ(VAPE)のリキッドについて理解できましたか?
 
電子タバコ(VAPE)の人気が高まってきている中、
リキッドの種類もどんどん豊富になってきています。
 
せっかくたくさん種類があるので、色々試してみて自分の好みを探ってみると楽しいですよ!
 
10mlボトルのリキッドで試して、大容量ボトルでリピートが得策です♪
 
ぜひこの記事を参考に、VAPE体験を楽しんでください。