vape

電子タバコ・ベイプの値段・相場は?価格毎の機能の差はある?

今話題の「電子タバコ(VAPE)」。

街で吸ってる人を見かける頻度も増えてきましたね。
VAPE専門店もチラホラ出現していて、流行ってきたなーという印象です。

「自分も電子タバコ(VAPE)が気になっているけど、どのくらいの価格のものを買えばいいの?」
「安いものと高いものではどういう差があるの?」
「月々どれくらいの費用がかかるの」

と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな疑問にバッチリお答えしたいと思います!

1.電子タバコ(VAPE)もピンからキリまで!?

どんな商品もそうであるように、ズバリ電子タバコ(VAPE)も例に漏れずピンキリです(笑)

だいたい安い値段のもので2,000円弱、高いもので10,000円くらいの価格です。
端的に言うと、値段が高いものほど性能も良く、より満足したVAPE体験を味わうことができます。
ただ最近では安いものでも便利でじゅうぶん煙も出る優れものもあるのでそんな商品も後ほど紹介しますね!

一言で電子タバコといってもいくつかの種類に分かれていて、それによって価格帯も変わってきます。

2.電子タバコ(VAPE)の種類と、その価格帯とは!?

電子タバコ(VAPE)は大きく分けて4種類に分けることができます。

・使い捨てタイプ
・ペンタイプ
・MODタイプ
・カートリッジタイプ

一つずつ説明していきますね。

【使い捨てタイプ】

価格帯:1,000円〜2,000円前後

価格が安く、簡単に始めやすいのが特徴。
使い捨てなので、面倒なリキッド補充やパーツの交換などは一切必要ありません。

しかし、その手軽さゆえに煙を楽しむということは難しいです。
「何かを吸う」という行為を求めている方におすすめします(笑)

最近ではビタミンを配合した商品も出てきていて、コンビニでも良く見かけるようになりました。

【ペンタイプ】

価格帯:3,000円〜6,000円前後

本格的に電子タバコを始めたい方におすすめ。
使い捨てタイプより少し価格帯は上がりますが、味も煙も圧倒的にクオリティが上がります。

あとでご紹介しますが、MODタイプに比べると細かい出力などの調整や、アトマイザー(交換パーツ)の交換ができないので
「もっと自分好みにしたい!」という方はMODタイプが良いかもしれません。

【MODタイプ】

価格帯:6,000円〜10,000円前後

味・煙ともに最上級のVAPE体験を楽しめます。
ただしペンタイプ等に比べるとサイズが大きくなってしまうので持ち運びには不便してしまうかも・・・

細かい出力の調整やパーツの交換ができるので、自分好みのVAPE体験を追求することができます。

【カートリッジタイプ】

価格帯:1,000円〜3,000円前後

これは画期的なアイテムです。
電子タバコの一番の懸念点は、「リキッドの充填がめんどう」なことでした。
しかしこのカートリッジタイプはリキッドがカートリッジに入っており、そのカートリッジを交換するだけでOKという優れもの。

またサイズも小さく、値段も安いのに、味も煙もしっかり出ていてまさに次世代の電子タバコという感じがしました。
カートリッジタイプの利用者が街に溢れる日も時間の問題ではないでしょうか!

3.電子タバコ(VAPE)はどれくらいのコストがかかる?

電子タバコ(VAPE)のコストは大きく分けると以下の3つに分けられます。

電子タバコ(VAPE)本体代 + リキッド + 交換パーツ(コイル・アトマイザー)

電子タバコ本体代はこれまで説明してきましたが、物によってはすぐ壊れてしまう場合もあります。
購入する前にレビューを確認したり、サポートがどのようになっているか把握しておきましょう。

本体を持っていたらあとはリキッド代とパーツ(コイル)の交換が必要になります。
リキッドは大体1000円くらいで10mlのものが購入できます。
10mlのリキッド1本で約3,600服できると言われています。
タバコ1本で10服するなら約360本分です。
タバコ1箱で20本なので、タバコ約18箱分。
タバコ1箱500円とすると、16箱分の節約になると考えられます。

コイルやアトマイザーなどのパーツは消耗品なので定期的な交換が必要です。
それぞれ1,000円前後で購入できます。

とにかく、
電子タバコ(VAPE)にすれば大幅に節約できる!!

4.安いものと高いものとの差は!?

安いもの、高いものはどのタイプを購入するかにもよりますが、
一つ言えるのが、

「安すぎるものは注意しましょう」

です。

先ほども言いましたが、安いものを購入するときはレビューを特に気にして見てください。
最近いろんな会社が電子タバコに参入していて、コピー商品がたくさん出ています。
壊れやすかったり、対応が良くなかったりもするのでレビューをちゃんと読むようにしましょう。

買い直しのことも考えると、少し高くても安心できるものを買うのが吉です。

壊れやすさや対応以外にも差はあります。

・味の濃さ
・煙の量
・味、煙の質

これらのような電子タバコ(VAPE)の上質な体験に必須なことにも差が出ます。

最初はペンタイプやカートリッジタイプなどからスタートして、
味・煙、どちらを重視したいのかを見極めた上でMODタイプなどの上級者向けの電子タバコにスイッチしていくのがおすすめです。

5.タイプ別でおすすめ商品をご紹介!

いろいろお話ししてきましたが、「結局どれを購入したらいいの!?」と思われている方もいらっしゃいますよね。

そんな方に値段と性能のバランスが最適な商品をタイプ別でご紹介します!

【使い捨てタイプ】eVita(エビータ)

価格:620円(税込)

これはコエンザイムやコラーゲンも含まれていて女性にも人気の商品です。
まぁ最近はこのような使い捨ての電子タバコにはほとんどの場合、ビタミンやコラーゲンなど女性に嬉しい成分が入っていますね。
節煙(減煙)目的に購入される方が多い印象。

正直筆者は使い捨て電子タバコはあまりおすすめしていません。
というのも、煙の量が少ないので、もともとタバコを吸っていた人にはどうしても物足りないのです。
ですが、この商品は使い捨てタイプの中では煙の量が多い方なのではないかと思いました。
そして680円と比較的安いので、「やっぱ使い捨ては違うかも」と失敗しても許せますよね(笑)

詳細ページ

【ペンタイプ】Joyetech eGo AIO

価格:3,980円(税込)

これはペンタイプの中では大人気の商品なのではないでしょうか。
価格も割に煙もしっかりきます。
アトマイザーとバッテリーが一体になっているのでとてもコンパクトです。
見た目もスタイリッシュなので、友達の前で吸うと「それ欲しい!」となること間違いなしです。

リキッドも10個セットで付いてくるというお得さ!
必ずお気に入りの味を見つけることができます。

詳細ページ

【MODタイプ】Eleaf istick Pico

価格:5,730円(税込)

MODタイプを初めて購入する人にはとてもおすすめです!
この価格で超本格的で、温度管理機能までついている優れもの。

しかも、アップデート機能が搭載されており、今後バージョンがアップデートされれば、
パソコンに繋いで今後もバージョンアップ可能!

一つ買えばずっと最新のVAPE体験ができてしまうのです!

リキッドも5本ついてくるので非常にお得ですね。

詳細ページ

【カートリッジタイプ】VP Japan V STICK

価格:1,980円(税込)

「ついに出会ってしまった。。」という感覚です。
お手入れいらずで、リキッドの充填も必要ないという次世代の電子タバコです。

筆者は電子タバコをアイコスの減煙目的で使用し始めたのですが、
この商品は今までの電子タバコで値段・性能ともに一番満足しています。

カートリッジタイプは別のブランドのものを使用したことがあったのですが、
パチパチ音もするし、リキッドも口に入ってくるしで、
「まだまだ改良されるべきだな」と思っていたのですが、
最近出たこのV STICKではそのようなことが一切なく、価格も前者の商品より安かったのでもう大満足です。

減煙にもバッチリ成功しています。おすすめ!

詳細ページ

6.電子タバコ(VAPE)を楽しもう!

電子タバコの価格のことや、その違いなど分かっていただけたでしょうか?

電子タバコ業界はどんどん勢いを増していて、種類もどんどん増えています。
まだまだ発展途上なので失敗する可能性も比例して上がってきているのが現状です。

この記事を参考にしてお気に入りのVAPEを見つけてくださいね♪